汗じみにならないための防止方法って?

からだを動かしたり緊張したり、気温があがるとかいてしまう脇汗。

 

べたつきが不快だったり臭いが気になるだけでなく、服に汗シミができてしまうと恥ずかしかったり、気づいたら服にしみついて洗っても落ちなかったりと悩みは尽きません。

 

体質もあるので汗の量を減らすのはなかなか難しかったりしますが、汗シミを防止できるよい方法はいくつかあります。

 

まず、汗ワキパッドを使用することです。

 

汗ワキパッドには使い捨てタイプと洗って何度も繰り返し使えるタイプがあります。
運動時や気温があがる春、夏だけに汗をかきやすいという場合は使い捨てタイプが便利です。
多汗症で年中汗で悩んでいる、常に気になるという場合は洗って繰り返し使えるタイプが経済的ですし、汗の量や好みに応じて素材やおおきさを選べるのでおすすめです。

 

服(トップス)のデザイン選びで汗のかきかた、汗シミのつきやすさや目立ちやすさもおおきく違ってくるので手持ちの服を見直してみましょう。
まず脇にぴったりフィットするデザインだと熱がこもり汗をかきやすいうえ、通気性がわく蒸発しないためダイレクトに汗シミになってしまいます。
しかも汗シミがなかなか乾かず見た目がよくなかったり、臭いの原因にもなってしまいます。

 

なるべく脇部分にすきまがあるもの、アームホールがおおきめのデザインを選ぶことで汗をかいても蒸発しやすく、すきまがあるので服にシミにならず目立ちにくいというメリットがあります。
ちなみに素材はコットンや麻が肌にやさしく清涼感があり一見よいようにみえますが、いったん汗を吸うとなかなか乾きにくかったりするので速乾性の高いポリエステルやさらっとしたレーヨンなどが適度に混紡された素材を選ぶと快適で汗を気にせず過ごすことができます。

 

汗が気になるとついつい薄着になりがちです。

 

しかし、暑いとき、汗をかくことが予想されるときほど重ね着が必須です。
カットソーやシャツの下にごく薄手の機能性インナーを1枚着用するだけで、体感温度、湿度が低くなりることで脇汗が少なくなり、汗シミができにくくなります。

 

最強なのは制汗剤+汗ワキパッドの組み合わせです。

 

それに加てえ服のデザインや素材を選び、インナーを着用することで汗シミの悩みはかなり解決できます。