夏よりも臭い?冬にできる脇のニオイ対策とは

実は冬の脇汗の臭いって夏より臭いことって知っていますか?

 

冬だから臭いない!そんなことを思っている方は冬こそしっかりと脇のニオイ対策を行いましょう!

 

冬の脇汗が夏よりも臭いというのは、厚着をしていて臭い成分がこもりやすいという理由があります。夏の場合は半袖シャツなどを着ているので、臭いが発生しても外に発散されるので、汗の量が多いにもかかわらずあんまり臭くありません。
冬の脇汗を防ぐためには、通気性の良い生地を使った衣類を着るのが効果的で、臭いがこもらずにそのまま排出されることで夏よりも臭いという状況になりにくくなります。

 

夏と冬の汗の成分は同じですが、通気性の良い服を着ている時間の長い夏は汗に含まれている脂肪分やタンパク質をエサにする細菌の繁殖を少なくすることができます。

 

冬が脇汗が臭うのはどうして?

冬の場合は重ね着をしているので脇汗の蒸発ができなくなっていて、水分がずっと同じ場所にとどまるために、臭いの原因となる細菌の繁殖が活発になります。

 

また外出時などは寒いので体が緊張してしまって、精神的発汗を起こしやすい状況が生まれてしまいます。精神的発汗は寒さなどで交感神経が刺激されると起きる現象で、アポクリン汗腺からの汗が多いので、臭いがきつく、衣服の黄ばみの原因にもなります。

 

冬のニオイ解消方法は

臭いや黄ばみの原因は全てアポクリン汗腺から出る汗に繁殖する細菌ですが、これを減らすためには通気性を良くするだけでなく、ワキガ専用のデオドラントスプレーなどを使用して汗の量を減らすことも重要です。

 

デオドラントスプレーは使いすぎると黄ばみを落ちにくくすることがあるので注意が必要で、この黄ばみの原因のリポクチンという色素は重曹や酸素系漂白剤に一晩つけておくだけで取ることができるます。汗ジミの黄ばみを気にしたくないというのであればデオドラントクリームがおすすめです。これで汗を減らす方が臭いが少なくなるので、人前で自分の脇の臭いを気にせずにすみますよ。

 

また更年期障害の影響で脇汗が多くなってしまった場合は、婦人科などでホルモン療法を受けるなどすると自然に汗の量も少なくなります。

 

女性の場合は永久脱毛などをすると汗の量が増えることがあります。この場合にはあせワキパットやデオドラントクリームなどを併用して対処すると臭いが気にならなくなります。