TシャツやYシャツの脇に黄ばみができる原因

洗濯しても全体的に黄ばんでいるように見えたり、脇だけに黄ばみが残ることがあります。

 

これには大きく分けて4つの原因が考えられます。

わきがによるもの

わきがによってできる黄ばみは服の脇の下に集中しており色も濃い黄色で、黄ばみに鼻を近づけるとわきが特有のツンとした臭いがします。これはわきがの原因であるアポクリン腺が脇の下に集中しており、アポクリン腺から出る汗に含まれている成分が、黄色又は茶色に近い色をしているので脇の下が黄色くなるのです。

 

アポクリン腺から出る汗の成分にはタンパク質や脂質、糖質、鉄、アンモニア等が含まれており、この成分に雑菌が繁殖してわきがの臭いの原因となります。アポクリン腺は陰部や肛門にもあるので下着が黄ばむことがあります。

制汗剤によるもの

同じ種類の制汗剤を使用しても人によって黄ばみが出たり出なかったりします。これは人によって存在する皮膚上の細菌の種類がそれぞれ異なるためです。

汗によるシミ

私たちには汗を出す汗腺が2つあり、エクリン腺とわきがの原因となるアポクリン腺です。エクリン腺は私達が運動した時や暑い時等にかく普通の汗を出しています。エクリン腺から出る汗を放置すると雑菌が繁殖して汗臭くなります。この汗の成分には水分が殆どの割合を占めており、その他に含まれる成分として鉄があります。ストレスや運動不足等によって汗の中に鉄分を含んだ血漿が分泌されます。この鉄分が黄ばみができる原因となるのです。エクリン腺は体全体にあるのでシャツも全体的に黄ばんでくるのです。

緊張やストレス

緊張やストレスで汗をかいたという経験がある方は多いと思いますが、これもアポクリン腺から分泌されるので黄ばみの原因にもなってしまうのです。

 

このようTシャツやYシャツの脇に黄ばみができる原因というのはあります。