ミドル臭ってなに?

30代を過ぎた頃から、自分の体臭が変わってきたと感じたことはありませんか?

 

加齢臭と勘違いされることもありますが、そのニオイは30代?40代特有のミドル臭かもしれません。あまり聞き慣れない言葉なので、ミドル臭ってなに?と思うかもしれませんが、ミドル臭は、30代には5人に1人が感じていて、40代になると半数以上がそのニオイに気づいているといわれています。

 

ミドル臭ってなに?と思った人の中にも、実はミドル臭を周囲に気づかれていることがあるかもしれません。

 

ミドル臭は主に後頭部や首などから発生する脂のニオイのことで、汗や加齢臭と違った不快なニオイを発します。このミドル臭のニオイの原因となっているのが、ジアセチルという成分で、このジアセチルは、足のニオイの原因成分の1.5倍、口のニオイの原因成分の1.4倍のニオイがするといわれています。

 

不快なニオイとされる加齢臭の原因成分である2-ノネナールに比べても、100倍周囲に広がりやすいといわれているので、体臭の中でも深刻なものかもしれませんね。ミドル臭ってなに?と思った人は、まず普段使っている枕をチェックしてみましょう。ミドル臭は後頭部や首から発生するニオイですので、枕にニオイがうつりやすくなります。ニオイがしたり、枕カバーが黄色くなっていたら、対策を考えるようにしましょう。

 

ミドル臭を対策するには、生活習慣を見直すことが大切です。お酒やタバコを控えたり、食生活を改善するだけでニオイが改善するようになります。また、頭皮の脂は取りにくいので、二度洗いをしたり、クレンジング効果の高いスカルプシャンプーを使うようにしましょう。周りに不快感を与えないためにも、できる対策はしていきたいですね。