よく、タバコを吸うとワキガになるって聞きませんか?

何事も根本の原因さえわかればどうとでもなります。というわけでワキガのメカニズムについて簡単に説明します。

 

まず、人間は暑くなると誰でも汗をかきますよね。しかし、ワキガの方とそうでない方がいます。

 

普通の人とワキガの方の違い、それは汗腺の量で、このことをアポクリン腺と言います。

 

このアポクリン腺の量が多い、もしくは刺激されると汗の量が増え、するとその汗を雑菌が分解し、あのニオイが発生します。

 

では、タバコを吸うとワキガになるの?

タバコを吸っているとワキの臭いが臭くなるかという話になりますが、これはあながち間違いではありません。

 

まず、アポクリン腺は様々な影響を受けます。例えばお肉ばかり食べたりするとアポクリン腺が刺激されて体臭がきつくなったり、それと同じで、タバコに含まれるニコチンがアポクリン腺を刺激してしまいます。

 

しかし、それはタバコを一日に大量に吸った場合で、一日に10本くらいなら問題はありませんが、一日に一箱吸ってしまうと大変です。
そして、タバコに含まれるニコチンには視床下部を刺激するということが分かっています。

 

この視床下部は体温を調節する部分で、ニコチンがここを刺激すると体温が高くなり汗をかいてしまいます。

 

すると、その汗を雑菌が分解してニオイが発生してしまい、ニコチンにはビタミンCとビタミンEを破壊してしまうのです。

 

このビタミンCとビタミンEには体臭のニオイの原因となる過酸化脂肪酸が増えるのをおさせる効果があり、これをニコチンを吸ってビタミンC、Eを破壊してしまうと、どうにもなりませんよね。

 

また、現在進行形でワキガの方は喫煙をやめた方が良いです。人間の体には吸収できるニコチンの量が決まっています。

 

タバコのニオイとワキガのニオイが合わさるととてつもない悪臭となり、ワキガのニオイをタバコが強化してしまうのでワキガとタバコの相性はものすごく悪いのです。いや、良いと言った方が良いのでしょうかね。

 

ですので、ワキガになりたくない、またはワキガの方はタバコを吸わない、もしくは禁煙するようにしましょう。